基礎物理学実験第9回

2017年06月12日

基礎物理学実験は週に4回開講されていて
それぞれ担当者が違うのです

それぞれ優先学系も違うってのもあって
結構指導方法が違う
で、あてくしの担当がドボンと言われてるわけだ

なぜかというと
ほかのクラスでは『おうちでやりましょうね』っていう作業まで
授業時間内にやらされるから
しかもあてくしがチェックして
よくがんばりました
ってOK出さないと帰れないから

とはいえ、そのままレポートに出せるほどまでの
完成度は求めていないのです
日曜日の夜に(月曜日がレポート提出期限だから)あれっこれ

実験失敗してね?

って青くならないように
親切心から行っているというのに
せつないわ

だからグラフをかきなさいというのも
結構ラフでいいよって言ってるのだ
見せてもらったグラフに不備があっても
『お清書ではここはなおしましょうね』
って言ってOK出してんのにさ

でも
「直線になる」とか「このグラフの傾きを」
ってわっざわざテキストにかいてあるところは
ちゃんと定規あてて線引いてもらわないと困るわ
確認してもらいたいところだから

ここはフリーハンドされるとちょびっと怒ったりします
その加減が学生さんたちにはわからないから
おっかないだのばばあだの言われちゃうんだろうけど

いちおう理由はあるという話でしたぶ女子ほそだ

*地学実験のみなさーん計画書早く持ってきやがれおよろしくね

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
ブログ管理者