ゼミとうちあわせ

2017年05月09日

今年は悲しいことに卒研生が1人しかいなくて
悲しいだけじゃなくて、指導がむつかしいというか

ほら、あてくし、うっとうしいじゃない

だからそれを一人に背負わせるのかわいそうで
でもだからといって距離を置きすぎるのもよくないし

これでも悩んだりするわけよ

で、ゼミ
輪読って一人しかいないじゃんってことで
また悩んだわけさ

その学生さんが教員志望だってのもあったので
力学の模擬講義をやっていただくことにしてみた

力学の本の1章分を45分の授業としてまとめてもらって
ホワイトボード使ってやってもらいましたよ

…うめえ

板書もきれいだし、色ペンの使い方ったら!
話すスピードも何もかも

あれっ、あてくし、涙が出てる?
大丈夫大丈夫
あてくしの講義だって

味があるさきっと


お昼休みは会議で
ちょっと意見を言ってみたり

なんだろう、居心地いいわよね
ちゃんと一員として仕事してるという安心感

さっきの引きずりすぎです

科研の報告書明日までだった落ち込んでる暇ないんだぶ女子ほそだ

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
ブログ管理者