連続体の物理第11回

2016年12月19日

今日はねばねば選手権の日
異なる粘度の入った5つの瓶をねばい順に並べましょう

ほら、そこ、しらけない!
あてたら期末テストの点数に2点プラスするよ
けちくさいと非難囂々だった、いいじゃん、2点

実はうっかり準備するの忘れて今日を迎えて
朝バタバタと瓶づめしたんだけど
ま、ちっちゃい瓶にピペットでちゅちゅっと入れるだけだしね
みんな透明です
標準粘度液といって、特定の粘性を示すよう調整された試料で
装置の校正曲線とか調べるのに使ったりする

んで
半分の学生さんはしらけて立ち上がらないまま
選手権はおわったのだった

ちゃんと解説もしましたよ
きっちりナビエストークスの式も書いたし

で、ここで卒研の話ちょっとさしはさんだり
あてくし卒論の表面張力波に始まって
光散乱とか、フォノンがどうとか、いろいろやらしてもらったけど
ずーとずーと液体の物性測定をやってる
研究室を選ぶときは完全に消去法で
自分が大学の先生になるどころか、大学院進学なんて考えてなかったし

でもそのうっかりのままいま大学生に『連続体の物理』おしえてんのよ

って話したら、まだ2年生なのにおそろしくなっちゃったみたいで
授業の後、質問されました、卒研配属について

ごめんにょ、だいじょぶよ、すきなことしたらいいよ

んで今年の授業終わり!
次回がずっと先なんだよねー、1月の16日だすね
インフルになったりノロにおそわれたりしないでよ。

夕方すんげーながい『うちあわせ』があんだけど
終わった後ライフに余裕があったら投稿します。
期待しないでぶ女子ほそだ

真田丸みたわよ
ずっと泣き通しよ
我慢できなくて録画しながらもリアルタイムで見たんだけど
小3がうるさいうるさい
『このおじいちゃんだあれ?』『なんでせんそうしてんの?まま』
もーホントいらいらしてたんだけど
最後ままが嗚咽っていうか大号泣("身体中が痛うございます")していたら
『ままかわいそう、よしよし』って
最後は小3の胸に抱かれて(ここは"いだかれて"と読む)ヒックヒックしながら見届けました
もう抜け殻です。顔がむくんでます。


トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
ブログ管理者