たなおろしたなおろし

2016年09月16日

ずっと悩まされてる棚卸作業

大学の予算で『きかいびひんひ』として購入したものすべて
ちゃんとあるか確認しましょうね、という作業

きかいびひんひ、というのは消耗品じゃなくて
高額で、部品交換とか、修理とかしながら
長く使うもの

みたいなかんじ?
あてくしも何十万もする計測器とか買ってるけど
そんなにゴロゴロは出てこない、だって高いものだから

でも、よく知らない何十年も前の購入の装置とかも確認しないといけないのさ

買った人はもうご退職している先生とか、なんだけど
装置は大学の資産になるので
もちろんおいて出て行かれる

そういうのが
リストにはずらーーーーっと装置の名前が並ぶわけ
もちろんそのリストには『設置場所』も記載してあるわけだけど
おやめになった先生はもちろんお部屋も明け渡してしまうし
明け渡し作業のときに、大きい装置はいろんなところに移動してしまって
分散してしまうのよね

事務の方々はそれこそ大騒ぎです

あてくしは自分の買った装置だけでいいから!楽なはず!
とたかをくくっていたのだけど

電大に採用していただいたの、2003年なんですよね…
結構長い。だから当時は
『ああ、こんな高い計測器☆あてくし自分の予算で買うなんて!
大学の先生みたい♡
なんてスリスリして使ってた装置も

どーこいったべなー

やばいやばい、もう1か月も前からみんな始めてるのに!

いつの間にか放置しててごめんねって謝る機会なんだきっとそうにちがいないぶ女子ほそだ

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
ブログ管理者