この年になってわかること

2016年06月08日

1限めは大学院の講義
今日は復習がてら演習をすることに
そこで気が付いたことがひとつ

がくせいさんが授業聞いてもわからんちんって
しょうがないなと

たとえば流量Q=Avって関係式
*Aは断面積、vは速度
当然、すっきり、わかりやすい
でも実際パイプを買おうとすると
カタログには「断面積」は載ってない
書いてあるのは『内径』なんだな

教科書に載っている式として全く問題はないけど
実際の値を調べるとか、そういう具体的な使用には
なんだろ、適してないという言い方も変だけど

学部1年生の授業でも
式をやみくもに覚える学生さんが結構いて
で、そういう人たちが案外計算問題が解けないってのは
そういうところにあるんじゃないかと

おもった

数式は公式じゃないというか、使うときに気を付けないとというか
やっぱただ講義してるだけじゃだめんじゃないかと

おもったぶ女子ほそだ

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
ブログ管理者