ねんどまつねんどまつよさんよさん

2016年02月29日

うるう年なんですね

千住からまた連絡きましてね
科研費の直接経費
処理できませんと

生協とか錦電さんとか、キャンパス内の売店では
立て替え払いして買ったらいかんのだと
絶対『掛け払い』とよばれる伝票での買い物に限ると

ありがたい反面、使い方がむつかしい科研費
学内予算と違い、1円たりとも残さず
きっちり使うよう要求される

そうすっと端数が最後出るのだよねえ
で、どうするかというと
前にもお話しした通り

ちょいと多めの金額で立て替え払いして
請求金額を『残金』にする
もちろん、全額戻ってこない
つまり、いくらか自腹って感じです

それが今年はやっちゃいかんと
ハンドブックに書いてあると
暗に責められたわけですね

去年までそうやってたのに…
誰かこの方法でずるしたんかな
誰かがずるすると禁止事項が増えるんだよ
かんべんしてほしいわ


だからこの領収書返すから
まず売店で返品して
次に掛け払いで
残金ぴったしで買い物して
伝票送れと

言われたのさ

無理なのさ

『で、確認なのですが、もうこれはほそださん無理だなと思って
山を下りてですね、たとえば"けーずでんき"とかで買い物すると
立て替え払いで許されるわけですか』
「ええせんせいそうですね」
『つまりちょっと多めの買い物して領収書もらって残金の請求するのが許されると』
「そういうことです」

じゃあそうしよっと

締め切りは本日ぶつりほそだ

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
ブログ管理者