物理学基礎・演習第14回

2015年07月16日

本当に最後の授業でした。
来週試験です。
なので今日は今まで授業でがんばった演習問題を見直しましょうね、だからプリントを全部持ってきて見直すよ、っつってんだろ

プリント持って来なさいって言っても忘れる学生はいるし
持ってきてる学生も枚数におののいてしまってあたふたしてるし
まあ、落ち着いてはじめから一緒に見ていきませんか。

試験問題はガイダンスで言ってあるとおり
教科書の章末問題からそっくりそのまま出されます。
あとニュートンの3つの法則についてきちんとまとめて書きなさい、
という問題が10☓3=30点の配分でしたよね。

『うっそ、まじで?』

って今頃聞いてくる学生がいてあてくしが『まじで?』だよ
ずっと前から言っていて、添削までしてあげているというのに。

『じゃあ今から作文するからさ、せんせえ見てよ』

ええ見ますけどね、ということは今日この時間を30点だけに賭けることにしたわけね。


アシスタントくんはSAなので試験監督のお仕事はなく
彼が学生さんと接するのは今日がほんとに最後の最後。
*SAというのは学部生のアシスタントでしてですね、大学院生のアシスタントはTAというんです。
通常の講義ではアシスタントがいなくても、学期末試験の監督にはアシスタントがつきますのでTAを全部配置するんです。


このアシスタント君、学生からもんすごく慕われてて
授業が終わったあとも学生さんたち名残惜しそうでした。
『写メ撮っておけばよかった!』というので、理由を尋ねたところ
『試験のお守りにする!』だそうな
あてくしじゃだめなんだね…

授業の後売店にお昼ごはんを買いに行ったら、また学生に会ってしまって
『せんせえ、ちっちゃ!』
と言われました。
ええ、あてくしちっちゃいんですよ、態度がでかいので背もでかいと思われがちですが
教壇を降りてしまうとちっちゃいの。
『せんせえ、身長いくつ?』
「160!(公称)」
『うそーぎゃははーもっとちっちゃいよね』

だから公称だっていってんだろ

ほんとは1.57端存骸執峪婪拇

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
ブログ管理者