楽しい分解♪ 分光光度計 その2

2009年08月26日

今日も楽しい楽しい分解の様子をご紹介します。
調子にのって、過去に分解したものをまとめた「分解♪」のカテゴリを作ってみました。(記事左側のカテゴリ欄をご覧ください)
私も分解してみたいなぁ♪と思った皆様、どんどん分解しちゃってください♪
ただし!
安全には十分にお気をつけ下さい。
やけどや細かい部品による怪我はもちろんのこと、コンデンサ等の充電部品を十分に放電させること、間違っても作業中にスイッチをいれないこと、「修理」しないこと(分解は壊すことが目的です。修理をしたいのなら、メーカーさんに持っていってください。ふたを開けた後では、メーカーの保障は使えませんよ!)。
このブログを見て分解したら、とんでもない目に合った!と言われても、実験室では一切の責任を負いません。自己責任でお願いいたします。

さて、今日は先日分解した分光光度計の続きです。
前回はこの分光光度計の外箱を外し、
B1-1










こんな中身が見えたところまでご紹介しました。
B1-4










では早速、右上の大きな金属板を外してみましょう。
じゃーん
k-1










出てきたのは真っ黒な空間です。
いろいろなところに鏡が配置されているので、ここは光が通る空間でしょう。
k-2










でも、どこをどう光が通るのでしょうか。

眺めていてもよくわからないので、レーザーポインタを使って光賂を確認してみました。
k-3










光源を出た光が回折格子で分光され、その先のハーフミラーで二つに分かれて…



あれ?続きはどうだったっけ??
k-4










すいません、Yの記憶では続きが思い出せません(汗
ととととりあえず、二つの光はその先にある二つの回転ミラー(連動して動くようになっています。この仕組みがまたすごい!)に行き、このミラーの回転角で波長を選択できるようになっていました。
で、任意の波長の光を二つのサンプル(測定試料と参照試料)に入れるようになっています。
k-4-2










サンプルを通った光はこちらの真っ黒な部屋に入ってきます。
k-5










で、鏡で反射させて、凹面鏡で光を集めて、サイドオン型の光電子増倍管へ入力します。
光電子増倍管は入って来た光を電気に変えるもので、光の量を測定できます。
ノーベル賞で有名になったカミオカンデでも使われているアレです。
こちらがそのアップの写真。
k-6










高そう〜〜〜

ざっと光路を紹介しましたが、ここに並んでいる一個一個の部品がまたすごいんです!
どうスゴイのかはまた次回に。


文責 Y


トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by クマ   2011年08月11日 16:24
5 初めまして。

「巻き尺 巻き取り 仕組み」で検索したらこちらに辿り着きました。

お陰様で、
巻き尺の仕組み(ゼンマイ)を利用した玩具を作る事が出来ました。



分解シリーズ、とっても楽しかったです。

更新を楽しみにしています。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
ブログ管理者