サイエンス特別実験

2009年04月27日

理学系(サイエンス学系)では、楽しい楽しいサイエンス実験の授業があります。
サイエンス実験気任亙理の専門的な実験を、サイエンス実験兇任浪蹴悗亮存海鮃圓い泙后
先週のサイエンス実験気任蓮第一回ということでサイエンス特別実験が行われました。
これがなかなか楽しい実験なんですよ♪
前半ではノギスを使っていろいろ計測して標準偏差やエラーバーなど、誤差の処理法について勉強し、
後半ではガウス分布について勉強します。
こちらは実験(後半)の様子
science1










そう。○ii fitでスキージャンプを行うんです♪
全員でのべ100回のジャンプを行い、着地点の距離を記録。
データを処理してヒストグラムを作成し、これがガウス分布に近付いて行く様子を観察します。
今回のデータはこんな感じになりました。
science2








まぁ、100回くらいじゃキレイなガウス分布にはなりませんよね。。
1000回くらいまでデータ数を増やしたいなぁ。
ちなみに、公式記録の最高飛距離は私Yの出した169mです♪むふふ
実験後に副手さんが193mという記録を出し、塗り替えられてしまったんですけどね。。

こちらは誰よりも真剣に飛ぶ、O先生。
science3










O先生は学生さんたちが飛んでいるのを真剣に観察・分析し、どの重心位置で、どのタイミングで飛ぶのが最も飛距離が伸びるのかを考察していました。
学生さんが飛ぶタイミングを見計らい、椅子から腰を浮かせたりと、シミュレーションもばっちりでした。
(ちなみにO先生の最高記録は86mでした。)
O先生、はまり過ぎですよ〜


文責 Y

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
ブログ管理者