M研究室 活動報告

2008年10月21日

物理学コースM研究室(自然科学研究室)では、よく山へ研究に出かけています。
その美しい山の写真を見せていただくたびに、うらやましくてうらやましくてしょうがないのですが、山へ行くには相当の覚悟が必要なようです。
今日もM研究室Kくんは、数10kgの研究機材を背負って、電大の山の中をうろうろうろうろしていました。
その姿はかなり目立つようで、土木・建築系の研究室の先生から「うちの研究室にこないか?」とスカウトをうけたそうな。
帰ってきてからはもうぐったりとして、いつも以上に動きと口数が少なくなっていました…
今日はそんなM研究室の活動報告を、M研究室Kくんが紹介してくれます。

*******************************************

M研が学外で研究活動をしたので,
ブログに載せようという事になりました.
そこで,おおよそ1年ぶりにM研の活動を紹介することになりました.

行動開始地点の標高:2117m
最高地点:2400m
移動距離:10360m
集合時刻:3:00
解散時刻:同日16:00
集合地点から車での行動開始地点への移動に費やした時間:約3時間(片道)

この値はM研の研究の一環として,
八ヶ岳に行った時の行動結果.

標高2000m以上の山の木々が研究の対象な為に,
埼玉県から長野県の中央付近にある八ヶ岳の「縞枯山」に行った.
研究室在籍3年目になったので,経験を積み,慣れてきて風景を楽しむ余裕が出てきた.
(研究室在籍1年目の最初の登山では,ペースが分からず直ぐにバテタのは苦い思い出.)
風景の1例として↓
M1




この付近には大きな町が無いので,遠くまで自然を見ることが出来た.
この場所からは,中央アルプスや南アルプス,群馬県と長野県の境にある浅間山,
奥秩父の金峰山,奥日光の日光白根山などの名山を見ることが出来て,気持ち良かった.
(富士山を見る事が出来るのではないかと期待したが,手前の立派な奥秩父の山々に視界が阻まれ,
富士山を見ることは出来なかった.)

また,木々が多いのでこのような道(↓)も通過した.
M2




この道に入ったら,暑くも寒くも無く,気持ち良く歩ける道だった.
植生も豊かで,色々な植物があり珍しい物を見てきた.
また,色々な植物が実をつけていた.
普段の生活の中だと,食べられるのか,食べられないのか分からないので食べないのだが,
(大学のスタッフの方に詳しい方がいらっしゃるので,野生の植物の拾い食いをたまにしている.)
先生が判断できるので,新鮮な実を食べてきた.
ウスノキの実などを自然の中で見て,食べる事が出来て面白かった.

閑話休題.
この,学外での研究登山の目的を真面目に紹介すると以下の通り.
緑が多い場所がある一方で,このような場所(↓)がある.(だから研究の対象にしているの.)
M3










この違いは何なのか.
多くの研究者が,栄養素や虫,自然に起きる更生の1種だと様々な説を唱えている.
大学に入る前は,酸性雨によると思い込んでいたから,未だに結論が出ていな事に驚いた.
「思い込み」は危険だと分かったので,気をつけるように心がけたい.

高校生の時は,自然環境問題を解くには生物学の知識が最も重要だと考えていた.
しかし,自然界は物理法則で説明することが出来るので,環境問題を解く場合に,
生物学よりも物理学の知識の方が重要な場合が多い事を勉強した.
高校生の時から物理学を学んでおけば良かったと思う.

物理学は,生活の様々な場面に関わっているので,分かると面白い.

文責K


トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 金魚の世界  [ 金魚の世界 ]   2008年10月30日 19:27
金魚は金魚すくいの金魚だけじゃないのです!変った金魚もいるんですよ

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
ブログ管理者