ぐるぐる

2007年11月29日

毎年この時期になると、物理学実験室のスタッフはみんなで机の周りを回り始めます。
ぐるぐるぐるぐる…
guru1guru2







ぐるぐる回りながら、抵抗だとかダイオードだとかをせっせと袋詰め。
作っているのはコレ
guru3








一般物理学実験の最後の授業、ワークショップで使用する電子回路のキットを作っているのです。
今学期の物理学実験では、どのクラスも多機能発信器を作製します。
こんな感じのものです。
guru4







オペアンプで発振させて、単周波数にならないようにコンデンサに直列に抵抗を外付けできるようにして、アンプで増幅してスピーカーから音(可聴域)がでるようにします。
外付け抵抗は、たとえば右手と左手でリード線を握って自分を抵抗としてみたり、鉛筆の芯をくっつけてみたり、そんなふうにして遊ぶものです。

このキット+リード線+半田を全部で200セット用意しました!
guru5







ああ、目が回る…

ワークショップは来週から始まります。
半田付けをやったことがない!という学生さんが大半で、みんななかなか苦労するんですよ。
半田付け…私は小学生の頃、簡単な工作キットを買ってもらってはよく半田付けをして遊んでたんですけど、今の若者(私も今の若い人だけど!)はそういうことをしないのでしょうか。。。
それとも私が変わってるだけ?

ワークショップはまず、半田付けの説明からはじまります。
芋半田になっちゃっているものは、私Yが容赦なく回路から抜いてやり直ししてもらいますからね♪
ああ、楽しみ〜♪


文責 Y

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星