規格…

2007年10月24日

kikaku1計測機器とPCとを結ぶケーブルの一つに、RS232Cという形式のものがあります。
物理実験室で使用しているオシロスコープも、このインターフェースを利用することになっていたので、早速ケーブルを買いにいったのですが……

このケーブル、規格が一つじゃないんですよ。。。

素直でいい子な私は、何も考えずにラインケーブルを買ってきてしまいました。
で、プログラミングの得意な補助員Fさんに、計測用プログラムを作って下さい!とお願いしたところ、
『Y先生、このケーブルじゃ駄目みたいです』
と言われてしまいました。。。

RS232Cは、どれも9ピンだと言うことは共通なのですが、ストレートケーブルの他にクロスケーブルもあるらしいのです。
ストレートケーブルはまだいいんです。
9ピンの1番から出た線は1番へ行く、2番から出たら2番へ行く、とすごく単純なつくり。
でもクロスケーブルは…
1番から出て2番へ、2番から出たものは1番へ、とか、
1番から出て5番へ、2番から出たものは3番へ、とか…
組み合わせは(9!−1)通り、つまり362879通り!
うへぇ〜、こんなにあったんですね。。。。
これじゃ、近所のヤ○ダ電機で買ったものでは、測定には使えないですね。。

どのケーブルが利用したいオシロスコープと同じなのかをFさんに調べてもらい、オシロスコープの販売元より取り寄せることになりました。
しかし!
ケーブルが揃ってもまだまだ問題がありました。
マニュアルに書いてあるプログラムは、PC9801シリーズやDOS/Vのような古ーいパソコン用の言語らしく、今使用しているPCにそのまま用いることは出来ないそうです。
で、やはり販売元に『新しいマニュアルは無いんですか?』と問い合わせたところ、『無い』という返答を頂きました。
オシロスコープを買ったのは去年なんですけどね。。。
ああ、先は長そうです。
補助員Fさん、よろしくお願いいたします!

規格といえば、DVDにもいろいろなものがありますよね。
私はPC用のDVDも録画用のDVDも同じだと思っていて、データ保存用というやつを買ってきてしまったことがあります。。。
あと、地デジ対応というDVDがあるのを知らず、録画に失敗したこともあります。。。
先日も、化学コースのO先生が「所さんの目がテン」に出演された!と聞き、ばっちし録画していたH先生にDVDにダビングしていただいたのですが、私の持っているプレイヤーでは見れない形式のものでした。
うきうきしながら家に帰ったのに…

規格が増えてしまうのはしょうがないのかもしれませんが、せめて、名前を変えるなどもっと分かりやすく表示して欲しいです。
ケーブルの名前からしてRS232Cなんてややこしい名前なのに、さらにこんなに種類があるなんて………(遠い目
ちょっと、現実逃避したくなった今日この頃でした。


文責 Y


トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by M   2007年10月26日 08:00
昨日の講義でちょうどRS232Cのお話をしたところでした.クロスケーブルは簡単に作れます.
それからRS232Cのドライバーは以前作ったことがあります.もう細かいことは忘れてしまいましたが,探して見ますね.
2. Posted by Y   2007年10月27日 14:55
M先生

クロスケーブルのお話、ありがとうございました!
残念ながら私には、Fさんの言っていることも先生の言っていることも良く分かりませんでした。。。
勉強します(多分)

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
ブログ管理者