摩擦力

2007年10月04日

昨日、10/3、私立東京高校へ出張授業に行ってきました。
まだ物理を習っていない高校一年生に、どうやって物理の面白さを伝えよう??と悩みに悩みまくった結果、摩擦のお話をすることにいたしました。
『摩擦』と聞いて、皆様、何を思い浮かべるでしょうか?
高校生は、手をこすり合わせてくれました☆
そうですよね。手を擦り合わせて暖める、これは摩擦熱を利用したものですね。
他にはどうでしょうか。

では逆に、もし摩擦が無かったら、どうなるでしょうか。
まず、車は止まれなくなります。車のブレーキは摩擦を利用していますものね。
止まれないどころか、走るのにも摩擦を利用しているので、走れません。
人間も、歩けなくなるし、物をつかめなくなります。
鉛筆はどうでしょう?紙に字を書くとき、摩擦を利用して書いてます。
なので、紙に字を書くことは出来ません。
紙は、繊維が寄り集まって出来ていますが、これも繊維同士が摩擦で絡まっている状態なので、摩擦がなければバラバラになっちゃいます。
服もそうですよね。糸で縫う行為は、摩擦があってこそ出来るものです。
布も上記と同じく糸が摩擦で織られているので、服はただの糸になっちゃう。
糸はただの繊維になっちゃう。
それどころか……
釘も摩擦で止まっているものだから、机は壊れてしまいます。建物もバラバラ…。家は崩壊しちゃいます。
山も、石と石、砂と砂同士の摩擦で成り立っているものですから、摩擦がなければ山は跡形もなくなっちゃって、砂がただ平らに広がっているような状態になっちゃうことでしょう。

…と、摩擦って、普段はほとんど気にすることは無いのですが、実はすんごく重要なんです!
でも、この摩擦力って実はまだまだ解明されていない現象が山のようにあるんですよ。
なーんていうお話を、高校生のみなさんにしてきました。
ときどき目を輝かせながら、すごーく熱心に聞いてくれて、こちらも楽しかったです。
物理にとっても興味ある学生さんがいてくれたことも、嬉しかったですね。
ぜひ、大学では物理を専攻して欲しいものです。

物理というと、すぐに宇宙だとか素粒子だとか、そういった難しくて専門家じゃないと理解できないようなことを思い浮かべがちですが、こんな身近なものも物理だったりするんです。
宇宙のことはそう簡単に研究することは出来ませんが、摩擦くらいなら家にあるものでも実験できますよね☆
こういう話を聞いて、ちょっとでも物理を身近に感じてくれるといいのですが。。


文責 Y

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 東京1年   2007年10月05日 22:43
先生の授業受けてた者です!笑
ブログを書いてると言ってたので
読みにきましたあ♪


摩擦の話面白かったですっ☆
ちょっと私には
難しかったですけど(・∀・;)笑
良い勉強になりました♪

ありがとうございました!!
失礼しますっ☆〃

2. Posted by Y   2007年10月10日 10:41
おお!コメントありがとうございます☆

物理をまったく習っていない人に、物理の面白さを伝えるにはどうすればよいか、興味を持ってもらうにはどうすればよいか悩んだのですが、面白かったと言っていただけて何よりです。
私も面白かったですよ☆
みんなの反応が初々しくて♪

またブログを見に来て下さいね〜

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
ブログ管理者