工作好き?

2007年09月20日

物理の先生方は、皆様工作が大好きです。
特にK先生は、いつも何かを便利にしよう、美しくしようと作業されています。
今日のK先生の作品その,呂海舛(ピンボケしちゃってますが…)
turu1












オリヅルランを入れる花瓶です。
工作室に落ちていた木の破片を拾ってきて、こうやってドリルで穴をあけ、
turu2







軽くバーナーであぶった後、水をかけながら擦ると、
こんな風に木目が美しく出ます。
turu3







空けた穴に、試験管を立てて出来上がり☆
素敵な花瓶に仕上がりました。

と、花瓶が完成すると、オリヅルラン本体も気になってきたご様子。
K先生の次のターゲットはコレ。
turu4












オリヅルランはランナー(走り茎)を伸ばし、その先に小苗をつけます。
本来ならばそのランナーは鉢よりも下に行くので、店頭等では吊り鉢になっているものを良く見かけます。
しかし、K先生はこれに園芸棒を入れ、上へと持ち上げてしまいました。(半年ほど前の話)
これを今日は
turu5












こんな風にしてしまいました。
今日のK先生作品

何が変わったか分かりますか?
写真では分かりにくいのですが、鉢が一回り大きくなり、園芸棒(緑の棒)が天井まで伸びてしまいました。(窓枠の大きさで比較してみてください)
倒れてこないように、天井から針金で支えてあります。
ずどーんと伸びるその風情は、まるで若竹のよう。
しかし、この茎はそんなに高くまで水を吸い上げることが出来るのでしょうか…

園芸棒を支えるために、ドリルまで登場。
穴をあけている補助員Kさんと、穴位置を指導するK先生。
turu7







確かに、かっこよくなりましたが…………先生、やりすぎです。
turu6












文責 Y

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
ブログ管理者