何でも揃う100円ショップ その2

2007年08月23日

昨日、100円ショップにはこんなものまであるんだよ〜〜〜という紹介をいたしました。
今日はその中の「カチカチ振り子」を作ってみました♪

箱の中身はこんなかんじ。
kachi2







木枠の材料と、ビー玉、糸が入っています。
まず木の枠を作ったら、ビー玉に糸をくっつけます。
ビー玉には穴が開いている訳ではなく、瞬間接着剤&テープで留めるようです。
さすが100円。
kachi3







これを、ビー玉同士がちゃんと球の中心で接するように、糸の長さが左右対称になるように、木枠に対して平行にビー玉の列がくるように、セットします。
これがなかなか大変…
私たちは三人がかりでセットしました。
kachi1







乙女がビー玉の位置を調整している図(笑)
写真手前は化学のY室先生です。お手伝いしていただきました♪

そして完成したのがこちら!
動画でご覧いただけます。
→振り子の動画←

どうですか???
かなり……でしょ。
だって、ビー玉の大きさが均一じゃないんですもの(涙)
やっぱりこれを100円で売るのは無理があるんじゃないでしょうか?
子供向けのおもちゃだけど、大人三人(しかも大学の先生ばかり)で作ってこれです。
まぁ、とっても楽しく作らせていただきましたが。

ところで、何故一つの球をぶつけると他方から一つの球が飛び出すのでしょうか?
高校で物理をやった人ならすぐに分かりますよね。
運動量保存則&力学的エネルギー保存則で説明が出来るはずです。
この100円キットで簡単手軽に作れたら、来年度のサイエンス実験に組み込んでもいいかな?と思ったのですが、ちょっと無理そうです。
残念〜



文責 Hi 改め Y

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
ブログ管理者