電磁誘導

2007年07月24日

さて、これは何でしょう?
magnetic1

(クリックで拡大します。)








正解は、磁力線の向きに沿って並んだ針金入りビニールタイです。
ビニールタイの乗っている白い発泡スチロールの下には、写真のようなU字型の強力磁石(アルニコ磁石)があります。

magnetic3








ビニールタイの針金が、この強力な磁場を受けて、写真のように並んだのでした。
きれいでしょ?

いえいえ、ただ模様を作って遊んでいるわけじゃないんです。
今、物理学実験室では、来年度より始まる『サイエンス実験』の予備実験をしています。
これはその中の電磁気学の実験で私用する(かも知れない)んです。
電磁気学の実験では、モーターを作ったり電圧計の原理を学んだり、はたまた渦電流を考えてみたりします。
そこで、今出来ている磁場の形をなんとか可視化出来ないかと考えた結果、写真のようなものを作ってみたわけです。(発案者:M先生)
砂鉄だと掃除が大変だし、磁力線の形がここまではっきりとは出ないですよね。
なかなか良いアイディアだと思いませんか?
因みにビニールタイの長さは0.8cmが良いそうです。
が、そう言いながらM先生はかなり適当に切っていましたが……

magnetic2



普段はこんな感じで実験してます。
詳細はまた次回。


文責Hi


*現在、暫定的にコメント・トラックバックの受け入れを許可しております。
今後の書き込み状況によってはコメント欄の削除を行うことがありますので、ご了承ください。


トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by M   2007年07月25日 17:30
ビニルタイのアイデアはどこかからみつけたものです(忘れてしまいました).その参考資料にタイの長さが8mmがベストとありましたが,結構いい加減でも大丈夫でしたね.

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
ブログ管理者