2009年07月

巣立ち

2009年07月29日

学生さんがスズメを届けてくれてから間もなく一か月が経過しようとしています。
スズメ(ウランちゃん)は日々元気に成長し、すっかり大人になりました。
u0729-5










実験室へ来たときには10cmも飛べなかったのに、今では部屋の中を縦横無尽に飛べるまでになりました。
来てすぐの写真がこちら。
suzume2










そろそろ巣立ちの時期です。。。
寂しいけれど、とってもとっても寂しいけれど、、スズメを離す時が来ました。
夏休み前、今度の金曜日(7/31)に、巣立ちをさせようと思います。
スズメを巣立ちさせるには、いくつかの条件があります。
一つ、十分に飛びまわれること
一つ、自分で餌が獲れるようになること
一つ、スズメ社会で生きていけること

一つ目の課題、十分に飛びまわれることは、もう完全にクリアできています。
二つ目、自分で餌が獲れるようになること、は少々心配だったのですが、
最近では生きている蜘蛛や蟻を実験準備室内に放すと、自分で捕まえられるまでになりました。
今日なんて、小型スズメバチに果敢にも挑戦していました。
u0729-4










この小型スズメバチ、タケちゃんのツバメ日記でおなじみのタケちゃんがスズメのために捕獲してきて下さったものです。
いいいいい生きてます。うぎゃぁーーーーー

動画もあります。

→こちらからどうぞ←




このスズメバチ、実は巣ごと実験室へ持ち込まれました。うぎゃぁーーーーー
u0729-2










蜂の子がごそごそと蠢いています。うぎゃぁーーーーー
ウランはこの後、サナギから羽化直前のスズメバチを一つもらい、美味しそうにパクパク食べていました。
ちょっとその写真は、私Yにはおぞましすぎて撮ることができませんでした。。。。
タケちゃんのツバメ日記にアップされていますので、そちらをご覧ください。
ウラン、以前は蜂の子が大好きだったんです。
本当に美味しそうにむしゃぶりついていたのですが、今日は蜂の子よりも蜂の方が良かったみたいです。
ああ、大人になっちゃったのね。。。

残る課題はあと一つ、スズメ社会に馴染めるかどうかです。
現在、実験室前で社会勉強中のウラン、
u0729-3










金曜までにスズメ語を学習してくれると良いのですが。

最後に、先日、蜂の子を食べている時の面白映像を載せておきます。
ちょっと長めのムービーですが、よければご覧ください。
途中、人が立つと、餌を捕られるのではと警戒しています。
餌を飲み込むところは必見です!!


→こちらからどうぞ←




文責 Y


日食!!!!

2009年07月22日

今日は朝から雨が降り、日食の時間には曇っていたので日食は見れないと諦めていた皆さん、
見えましたよ!!!
ここ埼玉鳩山からも、ばっちし日食が見えましたよ!!!!
(クリックすると拡大します)
eclipse1










雲の合間から出たり入ったりしてましたが、確かに欠けた太陽が見えました。
しかも、雲のおかげで肉眼でも観察できるというおまけ付き♪
上の写真は10:33のものです。
フィルターを入れていないデジカメでも撮れました!

こちらは10:48のもの。
雲が薄くなってきたので、遮光板を通して撮ってみました。
少しずつ、食が進行していく様子が分かりますね。
eclipse2










中庭には観察する人がたくさん集まりました。
eclipse3










偏光板を使ったり、日食メガネをつかったり、サングラスだったり。
eclipse4










ちょうど休み時間(授業間の10分休み)だったので、移動中の学生も教員も、みーんな空を見上げていました。
eclipse5










こちらは10:52の写真。
デジカメの露光を下げて撮っています。
eclipse6










残念ながら、食の最大11:12には雲が厚くなってしまい、観察できませんでした。
なんとなーく、あたりが暗くなったような???
(みんな太陽のある(と思われる)方向を見ていますね)
eclipse7










いやぁ、楽しかったです。
テレビでライブ映像を見るのも楽しかったと思いますが、自分の目で見て、みんなで感動を共有できたことが本当に素敵な経験でした。
心残りなのは、せっかく作ったピンホールカメラが役に立たなかったことでしょうか…

次に皆既日食が起こるのはいつだろう?
ぜひぜひこの目で見に行きたい!!!!!と思った一日でした。


文責 Y

============================================
追記

O先生から日食の写真をいただきました!
食の進む様子がかなり鮮明に見えています。
eclipse2-1














eclipse2-2














eclipse2-3














ついでに、日食を見ている人々の写真も。
eclipse2-4










ピンホールカメラ(手前の段ボール)から、哀愁が漂っています…

============================================
追記 その2

電大の人気ブログ、「タケちゃんのツバメ日記」でおなじみのあの方からも、日食の写真をいただきました!
最大食の後の写真です。
eclipse3-1










すごくきれいに映っていますね。
最大食の後なので、欠けている部分が逆向きです。
他にも何枚か頂いたので、興味のある方は私Yのところまでどうぞ!

実は私Yはこっそり「タケちゃんのツバメ日記」をライバル視していたりしました。
そのタケちゃんに「物理実験室のブログ見ましたよ」と言っていただけて、ちょっと嬉しい今日このごろ♪
これからも面白い(?)ブログを書くので、また見てくださいね!!


日食

2009年07月20日

ご存知だとは思いますが、7月22日(水)は日本で日食の見られる日です。
皆既日食は南の方へ行かないと見れませんが、部分日食なら関東でも見れます♪
しかも、東京でも、太陽の75%近くが隠れるそうです!
これは見なければ!!!
東京での食の最大は11時12分ころだそうです。
埼玉でも同じころでしょう。
水曜のこの時間、本当は私Yはセミナーの最中だったのですが、無理を言って時間をずらしてもらいました。
だって、日食を見たいじゃないですか♪

日食だ!と張り切っているYやO先生は、先週、早々とピンホールカメラを作成しました。
こんなかんじ。
ni1










大きめの段ボール箱の両サイドをくり抜いて、片面にアルミホイルを張り、針で小さな穴をあけただけのものです。
ni2










アルミホイルの面を太陽に向けて、地面に像を映してみると、直径2cmほどの小さな太陽を見ることができます。(既にチェック済)
調子に乗って、こんな大きなものも作りました。
ni4










ああ、楽しみ!!!
でっかいてるてる坊主を作らなきゃ。

当日は、中庭で観察会を行っていると思います。
ぜひ皆で観察しましょう!!
見たい人、中庭に集合!!!

文責 Y


鳥かご

2009年07月15日


実験室のスズメちゃんに、新しい家ができました。
じゃーん!
suzume2-1










スタッフKさんがお知り合いの方から頂いたものだそうです。
なんともカッコいい鳥かごです。
手作りの品で、かなりの年代物だそうですが、状態も良く、細部まで考えつくされています。
金属製の鳥かごだと、錆びてしまうので、こんなに長く保管できないでしょうね。
スズメもすっかり気に入った様子でした。

月曜にはスズメを実験室に届けてくれた学生さんが、面会に来たそうです。
元気な様子を見て、安心してくれたかな?
ぜひまた遊びに来てね。

スズメは口のまわりの黄色がだいぶ薄くなってきました。
体重も日々順調に増えています。
今日の体重は
suzume2-2










18.40gです。
一週間前と比べて、約5%増!
50kgの人が、一週間で52.5kgになった計算です。
すぐ大きくなりますね。
スズメの寿命は10年ほどだそうです。
理科年表には、記録されている最長寿命 20年 と載っていました。
どうやって調べたんだろ…


文責 Y



2009年07月09日

サイエンス実験気亮業中、実験器具をおもちゃにするというなんともフトドキな学生がいました。
彼は、いえ、彼らは、高温超伝導の実験で残った液体窒素に、振動の実験で使用している鉄球を漬けてしまいました。
液体窒素に漬けていない、通常使用している鉄球がこちら。
do1










で、漬けてしまった鉄球がこちら。
do2










別に塗装が剥がれただけじゃん!といえばそうです。
鉄球も元は1個10円くらいのものです。
でもね、私が怒っているのはそこではない!!!
実験器具で遊ぶという行為が許せないのです。
しかも誰に断るわけでもなく、無断で。
実験では高級な精密装置をたくさん使用します。
危険な装置もあります。
鉄球はただの鉄球だし、危なくも高級でも精密でもないです。
でもね、それが破損してしまったら、他の人に迷惑をかけること、ちゃんと認識して欲しいのです。
鉄球で遊んだ→次はこの装置で→次はこっちで…と、どんどんエスカレートしていく行為が、どのような結果を招くか、想像して行動してほしいのです。
実験装置の中には、私たちの手製のものもたくさんあります。
この鉄球も、スタッフKさんが一つ一つフックを溶接し、塗装して下さったものです。
軽々しく壊すんじゃなーい!!!
壊すのは、自分のお金で買った自分の持ち物だけにしなさい!!!

すごーく反省しているようだったので、ここに顔写真を曝すことはしないであげよう。


======================================
今日のスズメちゃん
do3










今日はN先生の肩が気に入ったようで、髪をひっぱたりして遊んでいました。
かなり飛べるようになってきて、2m近く飛行距離を伸ばしました。
くちばしの周りの黄色も、徐々に薄くなってきました。
ああ、日々大人になっていくのね。
嬉しくもあり、寂しくもある今日この頃。。。


文責 Y

除湿機

2009年07月07日

蒸し暑い日々が続いていますね。
「暑い」だけならまだしも、「蒸す」というのは、物理実験室にとっては大問題だったりします。
なぜかというと、実験装置が錆びてしまうのですよ!
たとえばこれ、一般物理学実験「ヤング率の測定」に使用しているおもりです。
sabi1










写真は昨年のものですが、この通りサビサビです…
ついでに試料棒も、この通り錆びまくり…
sabi2










このままでは他の電子部品もやられてしまうのでは?と、物理実験室に除湿機を設置しました。
それがこのドデカイもの
sabi3













かなりのサイズですが、広い実験室を除湿するのですから、これくらいないとね。
この除湿機はなかなかの働きものです。
湿度計の記録を見てみると、その除湿能力の高さがはっきりと分かります。
sabi4










ね?エアコンだけの日に比べて、倍以上(の割合)で除湿しているでしょ?
こんなに除湿しているのだから、集めた水の量はかなりのものでしょう。
1日でバケツに2〜3杯はとれているはず。
集めた水は植物にでもあげようかしら♪なんて思ったのですが、残念ながらこの除湿機は水を溜めずに直接排水管へと流しているので、水の再利用は不可能でした。
ああ、気になる。

もう一つ気になるのが、この湿度の高さ!
ななんと、除湿機を回さないと湿度が100%近いんですよ。
毎日のように90%を超えています。
湿度計の調子が悪いわけではないですよ?
日本の梅雨、半端じゃないです……


======================================
今日のスズメの様子
u0707










固形物を混ぜた餌も食べるようになってきました。
肩の上がお気に入りのようで、いろんな人の肩に乗ろうとします。
ひじから肩まで(20cmくらい?)飛べるようになりました。
巣立つ日が近いかもしれませんね。
ちなみに、今日の体重;17.15g。軽い!
私もダイエットしたら飛べるようになるのかしら…



文責 Y


珍客

2009年07月03日

先日、実験室に珍しいお客様が来ました。
この方です。
suzume1









そう、すずめです。
皆でお昼を食べている時、学生さんが
「実験室の前に落ちてました」
と、届けてくれました。
どうやら巣から落ちてしまったようです。
見渡すも、近くに巣を見つけることができなかったとのこと。
学生さんは私Yにすずめを手渡すと、そそくさと消えていきました…

余談ですが、その学生さん、実は以前にも実験室に届け物をしてくれたことがありました。
それがこれ
suzume3










コウモリです。
このコウモリも、実験室の前に落ちていたそうです。
コウモリはその日の夕方には回復し、無事飛び立っていきました。


このすずめちゃん、まだまだ子供のようで、自分では飛ぶことができません。
お腹を空かせているのか、しきりにチュンチュンと泣きます。
これを見て、すかさずスタッフKさんが虫を取ってきて食べさせてくれました。
(胸元についているのがクモの足です…)
suzume2











人間のあげた餌でも、何とか食べる雀を見て、
「これは育てられるかもしれない!」
と、物理実験室スタッフ一同、期待に胸を膨らませました。
今日一日が山だ!人間の与える餌をどれだけ食べられるかで決まる!
と、スタッフKさんが家に持ち帰り、面倒を見てくれることになりました。

で、今日、
suzume4













すっかり人間にも慣れ、餌もたっぷり食べるようになりました♪
(口のまわりの緑色は、餌です。)
もうね、ほんっっっっっっっっっっっっとに可愛いんです!!!!
お腹が空くと、口をパカッと開けて、私たちのあげる餌をモリモリ食べてくれるんです。
巣立つまでのあと数日、実験室のアイドルすずめちゃんです。
届けてくれた学生さん!スズメは元気だよ!!!!!


文責 Y


ブログ管理者